one love

ゆる~く自由に、その日気になったことを発信していきます

出会いの分母を増やすためにナンパを始めた話

f:id:widelyshallow:20170420233215j:plain

前回の記事でも書いたけど、彼女が欲しい!と思って僕がまず考えたのは出会いの分母を増やすこと。

 

そうすることでそのうち良い人とも巡り会えるのではなかろうか、と考えました。

 

前回の記事でも書きましたが、

社会人になって彼女ができない!と嘆いてる時って圧倒的に出会いの数が少ない。

 

例えば学生時代だったら僕の学校には、

1学年に150人ほど女の子がいました。

その中で僕は1人の女の子と付き合うことができたので、150人と出会ってやっと1人彼女が出来たわけです。1/150。

僕が彼女が出来る確率は、0.66%です笑

 

おいおい、なぜだか涙が流れてきたよ。

 

 

もちろん僕ももう大人なってるので、

この確率自体は上がってるとは思いますが、

彼女が出来ない!彼女が欲しいと思ってた僕には、そのくらいの数の出会いを生み出すために、世間に対する自分の露出を高めていかねばと考えました。

 

 

 

そこで僕が考えたのは、以下の2つ。 

①リアルでの出会いを増やす方法

②ネットでの出会いを増やす方法

 

今回はまずは①のリアルでの場合について、

実体験をもとに紹介したいと思います。

②については長くなるので、また別の記事で紹介しますね。

 

①リアルでの出会いを増やす方法

ⅰ. )趣味を通じて増やす

一見すると1番まともというか、

自然なやり方に見えますよね。

でも誰もがそんな都合のいい趣味持ち合わせているというわけではないだろうから却下で。 笑  

 

趣味を通じての出会いって、あくまでも趣味を楽しむことが目的だから、こと恋愛に関しては偶然に任せる部分が大きすぎる気もします。

 

どうしても趣味を通じて出会いの輪を広げたいのであれば、SNSなどでこまめに自分の情報を共有していくなどすれば出会いは輪は広まるかも・・・?  

 

ⅱ.) 飲み会、合コン

これも王道ですが、僕はお酒弱いし仲の良い人と飲むのは好きだけどそうでもない人との飲み会はあまり楽しめません。

合コンとかで気を使うのって、女の子に対してもそうだし、男同士の関係も若干気を使って面倒くさいです。

 

例えば合コンの後の反省会行こうぜ!とか、

反省会のあとガールズバーとか風俗行こうぜみたいな話になるとめんどくさい。

そっちは興味ないから帰りたいんだけれど、

あんまりドライなのもその場のノリを悪くしちゃうかなぁとか考えるのが面倒なんです。

 

それにメンバー集めも大変だし、一回の飲み会で、二次会まで行ったりすると1万近くかかるのでやはりこちらも却下。

 

その他)

 他にも街コンに行くとか、クラブへ行ってみる、友人に紹介してもらうなどなど考えてみましたが、なかなかピンとくる物がありません。

 

じゃあどーやって出会いを増やすの!?

そうやって考えていくと、なかなかこれだ!って方法がヒットしません。 

 

自分が上記の方法で嫌だなと感じた点は下記の3つ。 

 

1. 偶然に任せるのはちょっと頼りない(趣味の場合)  

2. 人間関係、かかる費用を考えると制限が多い(合コンなど場合)    

3. 他人に頼るのでなく、自分の力だけで出会いを量産したい (知人に紹介してもらう場合)  

 

・・・要するに他人に流されずに自分のペースでお金をかけずに出会いの数を増やしたいとゆーとんでもなくわがままな話です。

 

そんな都合のいい方法があるのだろうか。

 

通りを眺めているとの女の子がたくさん歩いています。 しかも僕が住んでいる街は、お世辞抜きに可愛い子が多い!

 

この女の子達と知り合える事が出来たら、、、

 

 

そうだ、ナンパしてみよう( ̄▽ ̄)  

 

 

とゆー感じでナンパをして出会いを広げていく事が出来たら、誰の力も借りずに女の子と出会う事が出来るのではないか、、、と考えたわけです。笑  

 

こうやって改めて文章で書いてみると、

発想の持っていき方がだいぶクレイジーな感じもしますが・・・  

 

僕はこんな流れでナンパしてみようと思いました。

 

でもどうやって? 

そしてどこで?

一人で?  

なんて声かけるの? 

 

などなどわからないことばっかり。

 

こんな感じの全くわからない状態のものを、あれこれ調べて挑戦していくのは、僕大好きなんです。

 

ドラゴンボールの主人公並みの、

オラ、ワクワクすっぞ!  的な感覚を覚えたところで、今日はこの辺にしておきます。

 

 

次回はナンパを始めるまでの道のりを思い出しながら書いていけたらなと思っています。