one love

ゆる~く自由に、その日気になったことを発信していきます

余裕のない男ってのはいつでもどこでもモテない

こんにちは。

 

 

何年かぶりに街へ出てストリートナンパをしてみた。

ナンパの記事をいくつか書いてみて、もう一度やってみたいと思うようになったからだ。

 

モンスターハンターという超メジャーなゲームがある。

最初は裸同然の装備だが、ちょっとずつ虫を捕まえたり、はちみつを採取したり、

草食動物を倒したりしながら防具や武器をそろえて、最終的には凶暴なドラゴンみたなモンスターをソロで倒しちゃう。

 

僕の場合、以前1年半くらいナンパをやってそれからまだ振り出しに戻っているので、ある程度防具をそろえてそれなりに結果も出だした矢先・・・辞めてしまってまた裸一貫からの再スタート。

 

そんな状態だ。

 

以前の成功体験があるがゆえに、良い部分もあれば悪い部分もある。

 

即を狙ってしまう。 狙い過ぎてしまう。

 

それ自体は悪いことではないけれど、今日は絶対即る!と気合を入れてやりすぎてしまうおかげで、おそらくストリートのモンスターにはそれが見抜かれているんだと思う。

 

僕が相手をしているのはストリートにいる女性だが、手ごわさでいえばモンスターだ。

 

ましてやそこに、ナンパというマイナスからのスタート。

難しい。

以前は若さと勢いでなんとかなってなのかもしれないが同じやり方をしていたは全く歯が立たない。

 

この歳なりの良さが出せればなんとかなるはずだ・・・・

 

今日は絶対に即る!と意気込んで街に出たものの、まさかのボウズ。

 

 

本当に悔しい。

 

 

ここまでコミュ力なかったっけ俺。

 

思い返せばいつだって、自分を奮い立たせてくれたのはこの悔しさだった。

 

悔しいから何とかしたい。

何とかしたいから必死になる。

必死になるから、余裕がなくなる・・・のか?

 

余裕がない時は結果が出ない。

 

先日一度だけ連れ出せた時は、即は無理だと判断して純粋に相手を楽しませることに力を置いたら、結果うまくいった。

 

 

・・・そうか。 

 

悔しさで必死になるのはいいことだ。

その必死さとエネルギーを必死に隠して、冷静に振る舞おう。

 

余裕をもって、普通に。 

 

そうすればきっと仲良くなれるはずだ。

 

 

力が欲しい。男女問わず楽しく話せるようになる力が。

それが自分の魅力につながるはず。。

 

 

そう信じて、しばらくはストリートで頑張ってみます。