one love

ゆる~く自由に、その日気になったことを発信していきます

ツイッター始めたら、青い鳥に翻弄されたよ

今更すぎるが、最近ツイッターを使うようになった。

じぶんの起こした行動を世の中に発信して行く、、、とゆーよりも自分が興味のある分野のアカウントを作って、いろいろな情報を得る、とゆー感じで使ってる。

 

インプットとアウトプットでいうと、

インが8でアウトが2くらいの割合。

 

ここで趣味やスキルアップのためにツイッターを使って情報を集めようと思ったぼくが気づいた事がある。

 

あの青い鳥にはきをつけろ。。。

ということだ。

 

 

ツイッターは、

井の中の蛙になる危険性と、自分の軸を持っていないと、ブレまくってしまう危険性が多い。

こんにゃくのような意思を持つことで有名なぼくにとってはなかなか取り扱いの難しいツールである。

 

どういうことかとゆーと、

興味のある人をフォローして、自分のタイムラインにその人たちの情報が出溢れてくる。

 

雑多なアカウントであれば、そうそう問題ないのかもしれないが、ある程度特定の趣味や勉強に特化したアカウントの場合、そのタイムラインは、もはやまさにその分野の情報のおもちゃ箱状態だ。

 

自分の興味のあることしかない世界がそこには構築される。

嫌いなことや興味のないことは排除すればいい。

 

さらにその分野である程度発言権を持っている人や、大物と呼ばれる人ともコミュネケーションが取りやすい気がする。

 

そうなると、ある分野上位ランカーたちと対等にわたり合えているのではないかという錯覚に陥る。   

 

さらには、関係性のあるツイートがひっきりなしに投稿されるので、情報の取捨選択をきちんとしないと不必要な情報をどんどん取り込んでしまう。

 

もう一度言いたい。

あの青い鳥には気をつけろ。。。

 

 

そうでないと、彼女を作りたい!と思って男磨きをかけメインとするアカウントを作っていたら、モテたい!という思いが膨張して何故かナンパ師になってしまったようなぼくみたいな人間もいるとゆーことだ。

 

 

それでもたくさんの情報の、いまこの瞬間を知る事ができるツールとしては抜群に便利なのではないだろうか。

 

もしもまだツイッターを始めていない方がいれば、この機会に何かに特化したアカウントを作ってみてはいかがでしょうか。

 

その際、いらない情報を取捨選択する、、とゆー意味でも、自分がフォローするアカウントは定期的にみなおして、不必要であればフォローを外すのも検討した方がいいのでないかと思いました。