one love

ゆる~く自由に、その日気になったことを発信していきます

このままだとレスかも!?旦那や彼氏が求めてこない4つの理由と解決策を3つ!

今回の記事では、

最近旦那や彼氏が夜に求めてくる回数が減った・・・

ゼロになったわけではないけれど、このままだと完全にレスになってしまうんじゃないか

仲が悪くなったわけではないのにどうして・・・

といった不安を感じている方向けに記事を書いてみました。

 

このままだと本当にレスになってしまいそうで怖いと不安を感じている人に読んでいただければ、少しは気持ちが軽くなると思いますのでぜひどうぞ。

 

ちなみに僕自身付き合って2年近くなる彼女がいて結婚も決まっていますが、同棲を始めたばかりのころ一か月以上まったくしない事がありました。それまではほぼ毎週のようにしていたのに、ささいなことから彼女を求めなくなってしまいました。

 

今ではなんとか持ち直しましたがあの時の不安な気持ちはなんとも言い難いです。

 

こういった経験もあり、今回は男性目線から見た彼女や奥さんを求めなくなった場合の心理と(理由と)、そういった時の解決策を記事にしてみました。

 

参考にしていただければ、彼や旦那さんとのすれ違いも減るかもしれませんので、興味のある方は是非読み進めてみてください。

 

旦那や彼氏があなたを求めてこなくなる理由

理由その1 単に疲れている、時間がない

まずはおそらく一番多い理由がこちらです。 実際僕の周りにもこう言っている男友達は多いです。

・仕事で帰ってきてへとへとで・・・はやく寝たい。

・たまに早く帰れたときくらいゆっくりしたい・・・

・早く帰ってきた時くらい自分の好きなことしたい。(漫画、ゲーム、テレビなど)

 

30代過ぎて会社でも責任ある立場になってきた男性は特にこの傾向が強いイメージです。

 

理由その2 女性から断られたのが原因で誘いづらい

そんな一回断ったくらいで!?と驚かないでください。

男性は女性が思っているよりも繊細でめんどくさい生き物です。

 

たまたまあなたが疲れていたり、整理中だったりとなんらかの理由で彼からの誘いを断ったとします。

あなたは何気ないつもりでも、男性側は意外に断られたことにショックを覚えてしまい、誘いづらくなっているパターンもあります。

 

実は僕もこのパターンでした。

あまり詳しくは書けませんが(笑)、内緒で買ったおもちゃに彼女がびっくりしてしまい、なんだか気まずい雰囲気になったことからその日は途中でやめて寝てしまいました。 それからなかなか誘いづらくなってしまい・・・というパターンです。 お恥ずかしい話ですが。

 

理由その3 しなくても満足できるになった

勘違いしないで頂きたいのですが、あなた以外の女性で満足できるようになった・・・という意味ではありません。

彼女や奥さんと同じ時間を過ごすうちに、一緒にいるだけで満足、 二人で食事したり、ゴロゴロしたりするだけで満足できるようになってきます。

 

「してくれないなんて、私のことを嫌いになったのでは??」と不安になる気持ちもわかりますが、あなたに対する愛情がなくなったわけではないので安心してください。

 

もともと男性は「愛情がなくても、女性とできる」生き物です。逆を言えば、「愛情がないからしない、とはならない」ので安心してください。

 

理由その4 妻だけEDの可能性

あまり考えたくはありませんが、これも十分考えられます。

特に男性は、一人の女性に対して永遠に性欲を保ち続けるのは難しい生き物です。 あなたに対する愛情が恋人から家族愛に変わってしまい、愛情はあるんだけど家族とはできない。といった心理状態です。

 

彼氏や旦那があなたを求めてくれない場合の解決策

解決策その1 一緒に過ごす時間を増やして、コミュニケーションの時間を増やす

このままだとレスになるかも・・・と不安に思う女性の多くは、彼から愛情がなくってしまったのでは?と不安に思っている方が多いです。 でも上でも話しましたが、男性は愛情と「する」「しない」がイコールではない生き物。

勘違いでして焦るよりもまず、ゆっくりと二人で過ごす時間をとってコミュニケーションをとりましょう。

二人で楽しく食事をしたり買い物をしたり、ゴロゴロして本当に楽しいと思える時間を過ごせば、彼の愛情がなくなったわけではない、と分かって安心できると思います。

 

気を付けてほしいのが、なんで最近してくれないの?と彼を問い詰めるようなことはやめてあげてください。 余計に男性はナーバスになってしまいます。(めんどくさい生き物ですみません)

 

解決策その2 一緒のベッドで寝て、肌と肌が触れ合う時間を増やす

もし別々で寝ているようであれば、できれば一緒のベッドで寝てみてください。毎日じゃなくてもいいし、週末だけでもいいと思います。 あなたが横で寝てくれて、安心できると彼が感じてもらえるだけで十分。

ここで無理してその日に「しよう」と構える必要もありません。

 

一緒に寝ることに慣れてきたら、次は素肌が触れ合う時間を増やしてください。

肌と肌の触れ合う力ってすごいです。 本当に落ち着くし、癒されますよ。

腕枕してもらって、寝る前に二人でその日の話をするだけでも効果的。 その時に二人ともごわごわのジャージだとちょっと物足りないので、肌触りの良い薄手のパジャマの方がお互いの体温を感じられるので◎。

 

解決策その3 さりげなく彼がドキッとするような服装やシチュエーションをつくる

一緒に寝るときに、着心地がいいから・・・とよれよれのパジャマやスウェットで寝たりしていませんか?

気分転換にかわいいデザインのパジャマや、ルームウェアで女の子アピールするのも意外と効果的です。(あからさまに誘ってますみたいなのは男性は引いちゃうのでおススメしません)

たとえばショートパンツのパジャマなら、太ももや足が触れ合ったときに男性もドキッとするのでおススメです。

触った時にすべすべの肌って、女性の特権なので大好きな男性は多いですよ。

 

たとえばこんな感じとかはお揃いで着れるのでおすすめです。

 

忘れないで頂きたいのが、ここでも焦ってその日に最後までしようとしないで大丈夫です。

そうやって素肌が触れ合える距離で過ごしていると、「彼の方も誘って大丈夫なんだ」と安心できますし、楽しい時間を過ごしていれば、女性の方もしなくても彼や旦那の愛情を感じられるのではと思います。

 

焦らずにちょっとずつ、スキンシップを図ってみてください。

まとめ

以上いかがでしたか?

今回は彼氏や旦那さんが、彼女や奥さんを、求めなくなってしまう原因とその対処法を、記事にしてみました。意外とお互いの考え方の相違が原因の場合も多いです。

 

女性の方におすすめなのは、彼氏や旦那に求められない=(イコール)愛されていない、という考えを一旦捨てて日常の2人で過ごす時間を大切に楽しく過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

男性側は意外と呑気なもんで、1人悩んでいるあなたをよそ目に、

「いつも愛情込めて接しているから愛情は伝わってると思ってた。(笑) 」とかそんな感じだったりもします。

 

まずはお互いコミュケーションを取れる時間をたくさん作って、なるべく触れ合う時間を増やすことで、意外と簡単に解決できる場合もあるので是非頑張ってみてください。

 

ちなみに僕も彼女とは何もない夜がしばらく続いて少し焦っていましたが、愛情がなくなったわけではないことを説明して、一緒のベッドで肌と肌の触れ合える状態でゴロゴロする日を繰り返したら、いつのまにか普通に出来るようになりました。

 

あまり彼氏や旦那さんにプレッシャーをかけない程度に2人で仲良くしてみてくださいね。