読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

one love

ゆる~く自由に、その日気になったことを発信していきます

ナンパにおける最初の声掛けについて

ここ数日何年振りかわからないくらいナンパしたい衝動に駆られている。

 

とりあえずリハビリがてら声掛けだけでもしてみようと、街に出かけたときついつい声掛けやすそうな女の子を探してしまう。

 

こうやって何年かぶりにナンパをしようかと考えると、初めてナンパをした時のことを思い出す。

 

分からないことはたくさんあったけど、やはり最初の疑問はおそらくみなさんと同じ、「最初の一声は何て声掛けてるんだろう?」ってこと。

 

 

僕もこんなブログを書いているくらいだから、期間は1年ちょっとだけどストリートナンパをしてきた。スト師(ストリートナンパ師)からすれば全然大したことない数だけど、普通のサラリーマンをやっていると絶対に知り合えないであろう数の女性と夜を共にしてきた。

 

そんな僕がもし今誰かに「最初の一声は何が良いですか?」と聞かれたら、「最初の一声なんてなんでもいいよ」と答えると思う。

 

実際僕が使っていた声掛けも、「お疲れさま!」だとか「こんにちは!」だとか「何しよーとー?」とか、「どっかで会ったことあります?夢の中とか!」とか適当なものばっかりだ。

 

一緒にやっていた人も「チャオ」とか「オッス!おらゴ○ウ!」とか適当なセリフも多かった。

 

実際に経験して分かったことだが最初の声掛けはあくまでも、こちらを認識してもらうためのセリフに過ぎない。 

強いていうなら、自信を持って話すことと、自分は怪しい人じゃないよってことが伝わる程度でいいと思う。

 

自分を認識してもらって初めて会話が始まる。

その後で相手のことを聞き出したり自分のこと伝えたりと、いろいろやることはあるけど。

 

もしもこのブログを読んでくれている方で、まだナンパをしたことがないけれど興味がある!という人いたら、繁華街に出て女の子を観察してほしい。

 

人通りが多い通りはキャッチのお兄さんがや居酒屋の客引きなど声をかける男は無数にいる。(こういった場所はあまりナンパに適さないと僕は思っているけど、その理由はまた別の記事で)

 

ある程度若い女の子であれば、そんな通りだと100mも歩けば何人に声をかけられるのか知れたものではない。

しかもだいたいが先ほど述べたようにキャッチや客引きだ。

 

逆の立場で考えたら、面倒でしょうがない。

早く目的地に着きたいのに・・・僕だったら絶対にそう思う。

 

そんな状態だからこそ、自分はキャッチや客引きとは違うんだ。

あなたに興味があってナンパしてるんですよってことを伝えないといけない。

 

だから最初の声掛けは何でもいい。

「おつかれさま!」や「こんにちは!」と大きな声であいさつして相手からこちらを普通の人だと認識してもらえたらひとまずOKだ。

ただしこの時に自信を持って声をかけることだけは意識してほしい。

 

実際僕の声掛けはほとんどこの二つしか使っていなが、1年のうちに40人ほどと関係を持つことが出来たので、まったく間違えてはいないと思う。

 

そこから先の会話についてはまた別の記事で紹介したいと思います。

 

 

参考までに先日久しぶりに声掛けした僕の会話は、

「こんにちは! 今日は●●(街の名前)で一番ブルーが似合ってる人を探してました!」と青い服を着た女の子に声をかけてみて、運よくラインの交換まではこぎつけましたとさ。

 

ナンパを始めたあの日と、同じ気持ちで今カフェにいます。

5年以上前、とある繁華街のど真ん中のカフェの窓側の席に座ってコーヒーを飲んでいた。

 

ここは福岡市の天神という街だ。

九州中の可愛い女の子か集まっている、と言っても過言ではないくらい美人が多い。

 

そんな街中を見ていると、この中の女の子の誰か1人とでも知り合いになることができれば、僕の人生はバラ色になるんじゃないか、なんて気分になってくる。

 

そんなとき、派手で綺麗な感じの子にばかり声をかけてるお兄さんがいた。

 

まぁ後になればキャッチのお兄さんだったと、わかるわけだが、当時の僕にはこれがナンパなのか!とすごく尊敬の眼差しで見ていた。

 

これだけ声をかけることができれば。。。

 

この無限に湧いてくるかのような女の子の一人や二人、ついてくるんじゃないかなって気になった。

 

こうしてナンパの世界に興味を持って、いろいろ自分で調べた。

 

今となって思えば、薄汚れたドブのようなストリートナンパという沼に、うぉりゃ〜っていって飛び込んだ時のことはなんだかとってもキラキラした思い出のように感じるから不思議だ。

 

そして一年ほどナンパを満喫して、それなりに即だの準即だのも経験できて、ナンパを引退して早4年近く。

 

もう辞めたつもりなのに。。。

 

なぜか当時と同じような気持ちで、繁華街の通りが見えるカフェに座ってコーヒーを飲んでる。

 

最近の失恋が原因なのか。

悲しんでいるというより新しい恋に進みたいってゆー気持ちの変化なのか。

 

もしくは最近クラナンでお持ち帰りしたという、同僚の話を聞いて刺激されただけなのか。

 

はたまた暖かくなってきた季節のせいなのか。

 

いずれにしても、なんだかすごくストしたい気分にになってきた。   

 

ネットナンパの記事も書いたりしたが、ネットでのナンパのは確かにお手軽だ。

 

奇跡の一枚の勝負写メを撮って、ある程度しっかりとしたプロフィールを作り、こまめに対応していれば、そのうち会えると思う。

平日にちょこちょこっとメールして、週末にサクッとアポるなんてことも簡単だ。

 

そこからどう持っていくのかはその人の力量にもよると思うけど。

 

ストリートナンパではそうはいかない。

 

街へ出かけても、ボロ雑巾のように打ちのめされて、ヘトヘトになって帰宅することもある。

 

反対に今日はダメだろうな〜なんて思って声かけたら、一人目から反応良くって即効で連れ出せる時もある。

 

そのギャンブル性が楽しいんだろうな。

 

知り合える女の子もネットでの出会いとはまたタイプが違うのも良いところだ。

 

もちろんやるからにはそれなりに努力がいるのも事実。 ファッションや髪型だって今以上に気を使わなくちゃいけない。

ご飯や飲みに誘うなら費用もかかる。

 

それに僕の場合は何事もやるならがっつりやりたい性格だから、やるとしたらそこそこ時間も費用もかかる。 

 

ナンパをやめてから、サーフィンやヨガをやっている。

限られた休日の貴重な時間をストリートナンパに使うのは何かもったいないような気がするのも事実。   

 

 

仕事と趣味とナンパと自分磨きと、、、全部やろうと思ったら、いくら時間があっても足りない。          

 

その辺の自分の気持ちに折り合いをつけて、ある程度納得できたら、またストを再会しても良いのかもなぁなんて思った。

女装で肩幅を小さくみせるにためにヒールを履いてみた

f:id:widelyshallow:20170514123357j:plain

みなさんこんにちは!

 

ここ最近女装を始めました。正直まだまだクオリティは低すぎて外出なんてできたもんじゃないですが、メイクだったり服装だったり毎日研究して遊んでみるのはなかなか楽しいもんです(*^_^*)

 

それでまぁココをもっとこういう風にしたいなとか、ここがまだまだ男っぽいなとかいろいろ出てくるんですね。

 

今回はその中でも肩幅について。

ネットで調べてみると肩幅ををなんとかしたい!と思ってる女装娘さんて多いみたいですね。かくいう僕もその一人。

 

僕は身長175cmでスポーツやっているのでそこそこ肩幅もあるので、どうしても全体的な男感を隠すが難しいです。

肩幅を隠す方法ってどんなのがあるんでしょうか・・

 

それでいろいろネットで調べてみました。

 

肩幅の骨格は変えられない

調べていくと同じような悩みを抱えている女装娘さんは結構多いみたいです。

そこでわかったのが、悲しい事実。

肩幅の骨格自体を小さくする方法は今のところないらしいです・・・

 

 

胸やおしりは専用のパッドを入れたりつけたりして、大きく見せることは可能ですが、

小さいものを大きくする方法はあっても、大きいものを小さくするって難しいみたいです。

 

手術にしても胸やおしりを大きくする手術はあっても、肩の骨を小さくする手術はなかなか難しいみたいです。

 

そうなると、小さく見えるように工夫するしかなさそうです。

 

肩幅を小さく見せる方法

そこで肩幅をを小さく見せる方法をいろいろ調べてみました。

使えそうだなと思ったのは以下のもの。

①服装でごまかす。

ノースリーブなど敢えて肩を出すことで、華奢に見える服装があります。

反対にドルマンスリーブなどのゆったりしたシルエットで肩を隠す方法もあります。

 

半そでシャツやタートルネックなんかは逆に肩幅が大きく見えるので注意がいるみたいです。

 

確かにそう言われると、丈が長めのタンクトップなど来ると女性らしさが増すような気もします。

 

②縦のラインを意識した格好をする。

縦長のシルエットを作ることによって、細長く見せて肩幅を小さく見せるテクニック。

洋服のデザインもボーダーは横に広がって見えるので注意が必要です。

ストライプや、締め色となる濃いめの色を使うことできゅっとしまって細長く見えます。

 

またヒールを履くことにより身長全体に占める頭の割合、肩幅の割合が小さくなるため、こちらも肩幅を小さく見せる効果があるそうです。

 

なるほど。僕は身長が高いとすぐに男だとばれるのが嫌でスニーカーを履いてましたが、反対にヒールを履く事で女性らしいシルエットが手に入るっていうことですね。

③姿勢を改善する

僕もそうですが特に男性は猫背の方が多いそうです。肩が前の方に巻いていると男性らしいシルエットになるらしいので猫背の改善は必須です!

また女性の後ろ姿を観察し観ると、後ろ姿がきれいな人は背中の真ん中のラインを中心に肩甲骨をパタンと折りたたむような感じ見えます。

 

女性は胸があるので常に重たいものを胸の前で抱えてるような状態らしいです。

胸のところで荷物を持つと、肩甲骨を後ろに引いた方がもちやすい気がしませんか?

そんなイメージなのかなぁと考えています。

 

ヒールを履いて検証してみた

いろいろ書きましたが、今回はその中でも一番簡単に出きそうなヒールを履いたらどうなるのか、少し検証してみようと思います。

身長を取るか肩幅を取るかで悩みましたが、背の高い女性もいるわけだし、僕は肩幅を小さくする方を優先させたいと思いました。

 

ということでヒールを履いた画像で比較してみます。

ちなみにヒールの高さは7㎝です。

 

こちらが、履いてない状態。

f:id:widelyshallow:20170514122236j:image

 

 服装や髪型は適当ですので突っ込まないでください(; ̄Д ̄)

 

んでこちらがヒールを履いた状態。

f:id:widelyshallow:20170514122320j:image

 

どうでしょう・・・7㎝のヒールを履くことによって、若干ですが確かに頭と肩の割合が小さくなったような気がします。

 

 

以上肩幅を小さくするためにヒールを履いてみた画像を比較してみました!

少しでもお役に立てると幸いです♪

 

最後までありがとうございました(*^_^*)

 

 

 

振られた相手を忘れらない?無理しなくていいんじゃない?

ずーっと好きな人がいました。

4年半くらい片思いしてて、その間別の人と何もなかったわけではないけれど、ずっと好きだった人です。

 

結局想いを伝えたこともあったけど、付き合うことにはならなくて、彼女は別の人と結婚することに。

 

友達のままの関係で、今もたまに会うとゆー妙なな関係です。笑 

もちろん身体の関係とかそーゆーのは一切ないですが。

 

友達として彼女と会うと、少し強がってしまいます。

今ちょっといい感じの人がいるよ〜

とか彼女かしわあせそうで僕も嬉しいよ、みたいな。

 

でもねそうやって彼女と話してる時間はまだまだどうしても辛くて、寂しくて悲しい気持ちになるんです。

 

ちょうど今日彼女と話をしててそんな気分になって、もう無理しなくていなって思って言っちゃいました。

 

やっぱりあなたのことが今でも好きで、僕の中の一番は揺るぎないよって。

この気持ちを消化して、次のステップへ進めるようになるまでは時間がかかるかもしれないけど新しい恋人とかはできないんじゃないかなって。

 

もう結婚してしまってるから、返事が欲しいわけじゃない。ただ僕の気持ちとして聞いて欲しいと言うことで伝えました。

 

そうやって自分のことを認めるのって、なんとなく嫌だなぁとか、振られたくせに惨めだなぁって思っていたんです。

 

でもこうやって自分を受け入れてあげると不思議と気持ちがフッと軽くなって、それまでの嫌な気持ちとかモヤモヤがどこかへ消えた気がしました。

 

世の中にはいろんな愛情の形があるともいます。家族の愛、恋人の愛、夫婦の愛、同性同士の友情の愛、異性とよ友情の愛。

 

僕は紛れもなく彼女に振られてしまったし、なんで僕じゃないんだってやりきれない気持ちになるのも真実。

 

それと同時に彼女の幸せを心より願っている気持ちもある。

 

この気持ちも間違いなくひとつの愛情なんじゃないかなって。

 

嫉妬や恨みや劣等感に包まれた気持ちの奥のほうをのぞいてみると、優しい愛情があることがわかって。

 

その気持ちに寄り添って、その気持ちを噛みしめたらなんだかすごく優しい気持ちになれました。

 

これまでなんとなく惨めだなとか思って避けていたけど、そんな自分を受け入れたら自分でも誰かをここまで愛おしく思えるんだって逆に嬉しいような、幸せな気持ちになれました。

 

もしも同じように誰かを忘れられなくて、辛い思いをしている人がいたら、無理しなくていいんじゃないかな。

その人のことを好きな気持ちを隠す必要はない。

 

周りはもしかした早く忘れろとか、次の恋へ進めって急かすかもしれないけど。

 

忘れたいと思っていても自分が相手のことを好きなうちは、好きな気持ちを大事にしてもいいんじゃないでしょうか。

 

その時に決して嫉妬や怒りとともに思い出すのでなく、相手に対する愛情の優しい部分に寄り添って笑顔で過ごしていればそのうちいいことあるんじゃないかなってそんな気持ちになりました。

 

 

 

読みにくい文章を最後まで読んでくださってありがとうございます。

最初のデートに野球観戦はなし!?いやいや、大アリでしょ!

f:id:widelyshallow:20170504010317j:image

昨日会社の同僚と野球の観戦に行ってきた。

僕が住んでいる福岡はご存知の通りソフトバンクホークスの本拠地でドームも近いので老若男女本当にたくさんの方がホークスを応援している。

 

こんなことを言うと福岡県民からは怒られそうだが、僕は野球に関心がなくて有名な選手をちょっと知ってるくらいだ。

セリーグパリーグの違いもなんとなくしかわからない。

だからテレビで野球中継を見る事なんてほとんどない。

いや、まったくないと言ってもいい。

 

そんな僕でも実際にドームで試合を見るというのは割と好きだ。

特にホームでの試合となると熱気もすごいし迫力もある。

僕の場合は野球を見るというよりもその雰囲気を楽しんでいるといった感じだけど。

 

みんなで手拍子をしながら好きなチームを応援して、蒸し暑い中でぬるいビールを飲む・・・お祭りっぽくて悪くない。

 

世の中のお父さん方が野球好きな理由が少しわかった気がした。

 

話は少しそれるが先日ネットでの出会いもありだよって内容の記事を書いた。

出会い系アプリなどに登録している福岡の女の子でプロフィール欄にホークス好きです、とか趣味は野球観戦とか書いている女の子も割と多い。 

野球の話になると極端に話題の少なくなる男なのでそんな女の子はこっちから願い下げじゃー!ってことで特にアプローチしたいなかった。

 

ただ昨日久しぶりにドームに行って、思い切って初デートで野球観戦行きましょうってのもありではないかと思った。(もちろん僕の場合ある程度最初に勉強しなきゃだけど)

 

というのも一緒に野球を見るという行為には割と女の子と親密になれる要素満載なのだ。

 

僕は恋愛の初期のデートでは二人で飲みに行くことをあまりしない。

お酒があまり飲めないのもああるが、二人でお酒を飲んでそのままいい感じになるという勝利パターンが僕の中では構築されていない。

 

それよりも

一緒にドライブに行って海でお散歩して帰る

であるとか、

少し遠くのラーメン屋に足を延ばしてみる

とか

一緒に鍋をつくるとか。

(この場合は自宅で鍋をつくる状況まで持って行けているのでちょっと同じ土俵に上げるべきか悩んだけど)

 

僕の場合はこういったデートが出来た女性とは、高い確率で親密な関係を築くことが出来る。

 

自慢出来るような話でもないが一時期狂ったようにナンパにあけくれていた時期は、

このようなデートを重ねて、一か月毎週末違う女の子と楽しい思いをすることも出来たり、週末の3日間でそれぞれ違う人と、それなりに親密な関係に持っていくこともできた。

 

僕が思うに僕のこの勝利パターンを分析すると、

・横並びで会話できる(車でのドライブ)

・会話のネタに困らない(好きなラーメン、海の話)

・何らかの非日常的な共同作業

(一緒に料理をする、海で二人で貝殻を拾うなど・・・)

この3つの条件が成立していると僕の場合仲良くなりやすい。

 

 

そう考えると、野球観戦は3つの要素すべてを満たしているパーフェクトなデートプランに思えてきた。

 

・球場はスーパーボックスなどの席を除いて基本的に横並びで座ることが出来る。

 

野球の試合を見ながらだから会話に困らない。

 

プロ野球の試合を生で観るという非日常な時間を共有することが出来る。

 

 

加えてお酒を飲みながら野球観戦する人も少なくないと思うので、

アルコールの恩恵を若干ながら借りることが出来る。

 

反対に普通に2人で飲みに行く時は、カウンター席に座れない対面の場合だと2時間やそこら自分という人間を相手に真っ向からさらけ出さなければならない。

 

超絶イケメンならまだしも、しわやたるみ、太ったお腹など隠せない僕みたいなおじさんは不利だ。。。

そもそも対面の席は周りの会話も気になるので僕はデートにはおすすめしない。

 

せっかく第一印象で及第点がもらえて最初のデートまでこぎつけても、

これだと連敗してしまう可能性は高いと僕は思っている。

 

ワンナイト的なちょっとした火遊びを成立させるコツは、高得点を取るよりもむしろこういった及第点を維持することがとっても重要だと僕は思っている。

 

この人超ステキ!結婚したい!と思わせるよりも、

なんとなく遊びたい気分だしそこそこいい感じのこの人とならいいかも?

といった具合に思わせる事が出来れば理想的だ。

 

 

こんなこと書いたら野球ファンの人に怒られるかもしれないが、

今回見に行ったドームでの観戦が面白くて、デートにもぴったりだとと気付くことが出来た。

そしてよくよく考えると野球観戦はデートにとっても適したプランだということもわかった。

 

みなさんも良ければ野球観戦デート、やってみてはいかがでしょうか(*^_^*)

 

 

ネットでの出会いってどうなの?僕の体験した2種類のネットでの出会い

前回の記事では最初にナンパするときに感じた疑問、どこでナンパするのかってことについて、クラブやストリートでのナンパのメリットデメリットを紹介しました。

 

今回の記事では、じゃあネットはどうなの?ってところを少し紹介したいと思います。

 

僕が経験したネットでの出会いは大きく分けて2種類! 

ネットでの出会いの方法って検索するとほんとたくさん出てきます。

そのなかでいろいろ試した僕が、実際に女性と出会えて付き合ったり突きあったりできた方法を今回はご紹介します。

 

昔からある出会い系サイト、有名どころでいえばハッピーメールやワクワクメールなどがあげられますね、それともう一つはペアーズやオミアイといった婚活アプリやマッチングアプリと呼ばれるもの。

便宜上今回の記事では全社を出会い系サイト型、後者をマッチングアプリ型と勝手に呼ばせて頂きます。

 

この両者は実際の攻略法的なところは同じなのですがシステムだったり特徴だったりが完全に異なりますので今回はそのあたりを簡単に説明したいと思います。

 

出会い系サイト型 

これは昔から存在するタイプですね。 ハッピーメール、ワクワクメール、Jメール、イクヨクルヨなどが有名どころです。

 

料金について

これらのサイトはだいたい女性は登録無料で男性の料金はポイント制になってます。

やったことある人もいるかもしれませんが、メール1通送るのに○ポイント、プロフィール写真見るのに○ポイントって感じですね。

 

上手く活用すれば初回に付与される無料ポイントだけで出会う事も十分可能ですし、

中身のないやり取りや、無駄に写真を見まくったりしなければ月2~3千円も使えば十分すぎるくらい出会えます。

 

出合える女性のタイプ

これらのサイトでは目的別にいろんな出会いの場が用意してあるので、普通の若い子から真面目に出会いを探しているタイプ、既婚女性は彼氏持ちの女の子とも出会うことが出来ます。

不倫の是非はここでは述べませんがそういったリスキーな出会いが好きな方はいいかもしれません。 もちろん何かあっても全て自己責任でお願いしますね。

 

注意してほしいのが、たとえば人妻と遊びたいとか一夜限りの出会いを期待したいと思っていても、露骨にそんな掲示板に書き込んでる女性は相手しない方がいいかと思います。

 

お小遣い目当てで援助交際をもちかけられることや(犯罪だから絶対NGですよー)、実際これって、デリヘル業者がやってるんじゃないの?って事がほとんどです。

 

冷静に考えて自分が女性だったらそんなことしないな、ってところを自分の中でもっておくと怪しいかどうか見極める基準になると思います。

 

マッチング型アプリ

 最近僕のまわりのアラサー世代で流行ってるなぁって実感するのはこちらの方。

出会い系サイトだとちょっと・・・って意味不明な抵抗感のあった女性もこちらならOKって思ってる人が多いみたいです。(個人的には一緒だと思ってますが・・・)

 

フェイスブックと連動しており、フェイスブックの友達とはマッチングしないような素敵な仕組みになっているものもあります。

 

恋活しているのが友達にバレないってのは、いろんな意味で最高のメリットじゃないかと。

料金について

女性は基本無料、男性は月額3,000ほどで使い放題のパターンが多いです。 イイネを相手に送って、相手もイイネを返したらそこからメールのやりとりが出来る仕組みです。

メールのやりとり事態にはお金がかからないので、ラインやメールアドレスをむやみやたらと人に教えたくないんだけどって方には嬉しい機能ですね。

僕は面倒なのですぐにラインを教えてましたけど(笑)

 

出合える女性のタイプ

婚活とか恋活とか言っているだけあって真面目に出会いを探している女性がほとんどでサクラとかも僕は会ったことありませんでした。

ですので人妻だったり彼氏持ちの女の子などちょっと刺激的な出会いが欲しい方には物足りないかも。

 

僕はメインでペアーズとオミアイを使っていましたが、両方とも真剣に出会いを探しているだけあって結構積極的な女性が多いです。

マッチングしてみたらメールではわからないからとりあえず会いませんか?って女性の方から誘われることもしばしば。 

これは別に気に入られたからというよりも、会って見極めようって思われている気がしてあまり好きではないのですが。。。(笑)

 

さいごに

以上ものすごーくざっくりとですが僕が体験した2種類のネットでの出会いについて簡単に紹介してみました。

 

ストリートでのナンパと違って向こうも出会いを求めている場合が多いのでコツを掴めばアポのスケジュールで忙しくなるくらい女の子と出会えます。

 

少し余談ですが○○ちゃん好きだよ!とか、○○ちゃんめっちゃタイプ!とか相手に好意があるように振る舞って女性を口説く方法をイロを使うとかナンパの世界では言ったりします。

もともとはホスト用語かな?

 

こうしたイロを使えばそれはもう簡単に相手を口説くことが出来るのですが、相手を傷つけてしまうことも多いのであまりお勧めはしません。

 

遊びたいだけなら色は使わずに、お互い楽しめる関係に持っていけるよう自分のトークや立ち振る舞いに磨きをかたほうがいいと思います。

僕もまだまだそのレベルには達していませんがなるべく相手を思いやる気持ちが大切なんじゃないでしょうか。

 

付き合っていなくても、結婚していなくても成立する愛情もあるのでは、と最近思うようになりました。

自分のまわりにはそんないろんな愛情が溢れているし僕自身の世界もそんないろんな形の愛情で満たして、世界を繋げたらなぁなんて思ってます。

 

長くなったけど最後までありがとうございました!

ナンパを始める前の疑問その① みんなどこでナンパしてんの!?

 前回の記事で、ナンパを始めてみようと思い立った経緯を簡単に書いてみました。

 

widelyshallow.hatenablog.com

 

そこで今回は僕がナンパを始めようと思ったけど、

疑問に思ったことや考えたことなどを少しずつ紹介していきたいと思います。

 

みんなどこで声掛けてるんだろう?

まずはこれですね。

どこでナンパするのか。

クラブや居酒屋、あるいは車で。 ほかにも映画感やショッピングモールなど。

女の子がいるところを上げていけばきりがありませんが、

どこでナンパするのがいいんだろうか。

 

今回は僕の経験をもとに場所によるメリットやデメリットを紹介できたらと思います。

 

 

クラブでのナンパ

まずパッと思いついたのはクラブ。

 

僕の場合お酒があまり得意じゃないし、

テンション高めでウェイウェイするようなタイプじゃないので、

残念ながら(?)クラブでのナンパは苦手。

 クラブナンパのメリット

女の子もナンパを期待している場合が多いのと

声掛けても無視されづらいってゆーのが挙げられると思います。

あとは女の子がたくさんいるので、人目を気にせず

ガンガン声掛けられるタイプなら効率はいいかも。

 

あと女の子も複数人で来ているパターンが多いので、

一人でナンパするよりも友達と一緒がいい!ってタイプの人には向いてるのかも。

 

クラブナンパのデメリット

デメリットとしてはナンパ目的で来る人も多いのでライバルが多いってゆーのと、

狭い空間なので手当たり次第に声掛けてたりしたら、

さっき別のコにも声掛けたよね、ってバレテしまいます。

 

加えて男も多数いるのでなんとなく取り合いになったり、

お酒の勢いもあってトラブルになることもしばしば。 

酔っぱらって喧嘩とかもう最悪です。

 

あとはメリットの項目でも述べたけど、女の子が複数人で来てい場合が多いので

ソロでナンパしている人にとっては若干やりにくいかも。

 

音楽とお酒を楽しむついでに・・・くらいの感じで楽しくナンパ出来る人には

最高の場所なんでしょうけどねぇ。

 

 

おすすめはストリートでのナンパ

そんな僕が目を付けたのはストリートでのナンパ。

街を歩いてたらチャラそうなお兄さんが良く声掛けてますよね。

あんな感じをイメージしていました。

 

まぁ実際にはああいったお兄さん方はナンパではなくキャッチの

方がほとんどなんですけど。

 

 

ストリートナンパのメリット

メリットとしては、ストリートナンパが出来るようになれば

出会いを作る場所は本当にもう無限大になるっていうこと。

 

別に繁華街じゃなくても、自宅の帰り道とか駅のホームとか、

そこに可愛い子がいればどこでもナンパ出来ちゃいます。

 

またクラブのように閉鎖された空間ではないので、

たとえば彼氏が出てきたとかなにかトラブルになりそうな時も、逃げることが出来ます。

 

 

 

あとはその日の気分や雰囲気に合わせて、場所を自由に変更できるのもいいかと。

 

ほかの人に見られたらいやだな・・・

とか思ってしまううちは場所をちょこちょこ変えながらら出来るのもお勧めポイントです。

 ストリートナンパのデメリット 

デメリットとしては、女の子はナンパされるために

そこにいるわけではないので当然無視されることも非常に多くあります。

 

さらに繁華街ともなると、キャッチのお兄さんたちの縄張りとかもあり、

気を付けて声掛けないと怒られることだってあります。

 

また最近は迷惑行為禁止条例などもあるので

最悪の場合警察官が居合わせたら逮捕とまではいかなくても

取り調べを受ける羽目になることはあります。

 

だからストリートでのナンパは特に、

無理はしない。 相手の嫌がることはしない。

というのを肝に銘じておく必要があると思います。 

 

ナンパ事態が法律違反だとか、悪いことだとは僕は思いませんけどね。

 

まとめ

今回はおそらくナンパと言えばこれと言われる(であろう)

クラブでのナンパとストリートでのナンパについてメリットや

デメリットを紹介してみました。

 

個人的にはおすすめは断然ストリートナンパ。

みんなでウェイウェイしながら楽しみたい人はクラブもいいのかも。

 

さいごに・・・

クラブであろうとストリートであろうと、

あなたが声をかける人は一人の人間です。

 

何百人、何千人って声をかけてると機械的になってしまい、

無視されたから、冷たくあしらわれたからといって

心ない態度や言葉を浴びせてしまうナンパ師もいます。

 

ストリートでのナンパは特に、女の子はナンパされるために

そこに存在しているのではありません。

 

そのことを忘れないように、声をかけた人もかけられた人も

優しい気持ちになれるような声掛けが出来たらいいなと思ってます。  

 

頑張って勇気を振り絞って声掛けたのに、

無視かよって思う気持ちもすごくわかります。

さらには罵声を浴びせられたり、軽蔑されたりすることも

少なくありません。 

そんな時は、相手を恨むのではなく自分の方にも何か問題はなかったか考えることも大事です。

 

それと同時に、きっとあの子は今日はたまたま期限が悪かったんだな、と楽観的にとらえることもとても大事です。

 

相手が嫌がる事をしなければいいといったことを書きましたが、

むしろナンパを通して相手を喜ばせることが出来たらなぁとか

わりと本気で考えていました。